生活問題 家計問題 家族の状況別、事情別の参考情報



少ない負担で利用できるのはありがたいことですが、同じ介護サービスを利用しても、収入によって求められる負担に差がつけられています

収入の多い方は負担額も多く、収入の少ない人には負担を軽減する仕組みが用意されています


介護負担 世帯収入 収入所得



しかし、利用者本人の収入が少なくても、同居している家族の中に「それなりの収入がある人」がいると、「それなりの収入のある世帯」と判断されてしまうことがあります

求められる公的負担の中には、世帯収入が判断材料となるものもあります

収入が多く余裕があって、家族が別居していた方が利用者負担が少なくなる場合があります



世帯収入 収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み



家計の中の介護に関する費用を考えます 介護サービス利用料 介護保険料