保険料 サービス利用料 介護に関する負担の損得 計算例



介護サービスを利用するためには、相応の金銭的負担が求められます

どの介護サービスを、どれくらい利用できるかは、用意できる金額で決まってきます


家計負担の損得 計算



介護保険適用の介護サービスを利用するためには、まず、介護認定を受ける必要があります

必要な書類の作成や手続きも、ケアマネージャーなどに依頼すれば、問題なく手続きできます

介護認定の結果によって、利用できる介護サービスの上限が決まってきますが、世帯収入によっても求められる負担が変わってきます



保険料 サービス利用料 介護に関する負担の損得 計算例