在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

在宅介護生活を続けていく中で、お金のことは大きな問題です

生活

生活を安定させて精神面の不安を解消することが求められます… 生活支援のための仕組み

低所得 少ない収入を補うための生活支援 必要な手続き 申請から支援開始まで



よくない状況下では「負の連鎖」と言いますが、よくないことが続くものです

体調が悪く十分に働けなくなると、収入が減り、食事なども十分ではなくなります


生活支援 公的制度



何をするにも健康であることが必要なので、よくない体調がさらに悪化してしまうことも考えられます

生活困窮者に対しては、自治体の用意する様々な支援プログラムがあります

自分ひとりの力ではどうにもならないケースでは、こういった生活支援を受けることができます

何をするにも、まずは最低限の生活を維持するところから始まります



家計を補う、生活を立て直すための生活支援 公的支援サービス




















安心して病院に行くことができるのは… 国民健康保険の滞納問題

保険料滞納 生活相談 分割納付 国民健康保険税



日々の生活の中では、お金のやりくりに頭を悩ませることが少なくありません

頭の中では必要なもの、大事なものとわかっていても、優先順位をつけなくてはならないこともあります


健康保険料 生活相談



国民健康保険は大事なものと理解していても、保険料の支払いは簡単ではありません

収入の割に、保険料が高いと感じる方は少なくありません

しかし、自分の体、健康を害してしまっては、生活そのものが成り立たなくなってしまいます

いざという時のためにも、保険証の資格は持っておきたいところです

























国民健康保険料は分割払いにすることができますか…? 公的負担と家計

保険料滞納 生活相談 医療費自己負担 国民健康保険税


役所によって違いはありますが、国民健康保険料の支払いは年10回払いが多いようです

金銭感覚は人によって異なりますが、家計の負担に感じている方は少なくありません


分割払い相談 国民健康保険



日々の生活の中では、国民健康保険料など公的負担を先延ばしにしてしまうこともあります

しかし、単なる先延ばしでは問題解決にならないばかりか、延滞金の加算で余計に負担を重くしてしまうことにもつながります

また、体をこわした時に安心して病院に行くことができるのは健康保険があるからです

大事な時のためにも、とにかく保険料を払う意思を示すことが必要です





















健康な体を維持するために大切な健康保険… 国民健康保険の滞納問題

生活困窮状態 生活苦 生活不安を防ぐための方法 リアル世帯分離


国民健康保険の保険料を払うことができなくても、生活している以上は「お金」を使っていると思われます

役所の言う「公平性」という言葉ですが、きちんと支払っている人がいるから、あなたも支払ってくださいというスタンスです


支払い相談 国民健康保険



滞納による差押というと、ローンや税金のイメージがありますが、国民健康保険でも行われています

しかし、食べるものも食べずに、保険料を支払うことはできません

適切な医療を受けるためにも大事な健康保険です

今の自分にできることを明確にして、できる範囲で支払いを継続することが最悪な事態を回避します


国民健康保険料滞納による差押 現実と預貯金の差押





















正しく計算されていない暫定保険料で請求されてしまうことがあります… 高いと感じる国民健康保険

家計の負担を考えます 国民健康保険税についてまとめ


国の所得税と地方自治体の住民税は、個人の所得に課税される税金です

収入に応じて税額が決まる仕組みになっていますが、そもそも収入がない人は税申告する必要がないとされています


適正保険料 健康保険



しかし、自治体においては、個人の所得情報が所得税や住民税のためだけでなく、別の公的負担の計算に利用されています

介護保険や保育料など、幅広い分野で、所得に応じた負担を求める仕組みがあります

国民健康保険も同じように、個人の所得に応じて保険料が決まる仕組みです

所得税や住民税の対象とならない収入だったとしても、収入が少なかったという申告が必要な場合があります


国民健康保険の暫定保険料とは? 正しく計算された適正な保険料なのかどうか確認しておく必要があります

























  • ライブドアブログ